台風に続いて河川の氾濫。
水の力は恐ろしい。
自然の力の凄さが身に染みる。
この水害の直前に「一般社団法人河内観光局の理事 幸田栄長さん」に薦められて、
「中甚兵衛物語」の漫画を読んだばかりだった。
甚兵衛さんは大和川の流れを変えた男として有名な方。
江戸時代に度重なる洪水被害で農民を大いに苦しめた大和川。
治水計画を50年近くにわたって江戸幕府に請願。
農民でありながら幕臣に交じって付替え工事を指揮し河内の人々の生活と田畑を守った。
甚兵衛さんから300年。
今もまだ洪水は私たちを襲ってくる。
自然との闘いはまだまだ続くだろう。
いや、その原因を作っているのは私たち人間の欲なのかもしれない。