掛け算で考えるか、それとも足し算で考えるか?
ビジネスは掛け算で考えた方が良い。
10+10=20 ⇒ 10×10=100   これは当たり前の話。
これをビジネスに当てはめて考える習慣がついていない経営者が意外と多い。
10万円の商談が成立したとする。
もう一度同じ成功をすればと考えるのが足し算思考。
この手法を10人に展開すればと考えるのが掛け算思考。
つまり組織(マンパワー・ネットワーク)の活用ですね。
ビジネスの3要素は「商材」・「マーケット」・「営業力」です。
ここでも掛け算思考が大切。
「商材×マーケット×営業力=成果」 
どんな素晴らしい商材を持っていても営業力がゼロなら成果ゼロという事ですね。
どこかがゼロなら全てゼロ!おおコワ!
もう一つこの事も肝に命じておこう。
「1+1+1=3」「1×1×1=1」
ビジネスの落とし穴を教えてくれているのかも知れない。